庄川温泉郷エリア   小松菜ときのこの煮びたし ゆずを添えて

庄川ゆずがさわやかに香る、上品な煮びたしを朝の目覚めに

庄川ゆずがさわやかに香る、上品な煮びたしを朝の目覚めに

お料理のご紹介

 シャキッとみずみずしい小松菜が、朝の体を目覚めさせてくれる煮びたしは、家庭ではおなじみの味です。だからこそ、料理人が大切にしているのは素材を吟味し、その良さを引き立たせること。新鮮な富山県産の小松菜やきのこは、煮汁をたっぷり含んだ油あげとも相性が良く、素材の凝縮された旨味が体にやさしく染みわたります。素朴な味わいに上品なアクセントを与えているのが庄川特産のゆず。ゆずの豊かな風味がより一層味わいを引き立て、庄川の秋の目覚めにさわやかな余韻を残します。

果皮が厚くデコボコとした愛らしい形は、庄川の人々の誇り

 庄川温泉郷のある砺波市庄川地区は、日本海側最北の栽培最適地と言われ、昔からゆずが生産されてきました。表皮が粗く、デコボコとした愛嬌のある形は、地元の人たちの誇り。果皮に厚みがあり強い香りを醸し出すため、料理に風味と彩りを添えてくれます。収穫量はそれほど多くない分、庄川ゆずは希少な秋の味覚。毎年11月には「庄川ゆずまつり」が開催され、収穫したての生ゆずやゆず味噌、ゆず餅といった産地ならではの味が並びます。

果皮が厚くデコボコとした愛らしい形は、庄川の人々の誇り

地元で栽培される新鮮な小松菜が、どんな素材も引き立てる

 富山県内では一年を通して小松菜が生産されていますが、ここ庄川周辺でも栽培は盛ん。地元産の小松菜は葉が厚く苦味が少ないと言われ、どんな素材にもよくあうことから煮物や和え物、汁物などに幅広く活用されています。料理人にとっては、地元で栽培される小松菜はなにより鮮度が魅力。また、雪国である富山では、これから冬にかけては寒気にさらされながら低温化でゆっくりと育てられるため、より甘味の強い小松菜が楽しめます。

地元で栽培される新鮮な小松菜が、どんな素材も引き立てる

「とやまのおいしい朝ごはん」の定義

※都合により一部、ご当地ならではの飲み物をご提供する場合もございます。

提供宿泊施設

  • 氷見温泉郷エリア
  • 高岡・射水エリア
  • 庄川温泉郷エリア
  • となみ野・五箇山エリア
  • 富山市エリア
  • 宇奈月温泉エリア
  • 新川エリア