富山市エリア   ばあちゃんのんまいもん あんばやし

クセになる、素朴さ。

クセになる、素朴さ。

お料理のご紹介

 「あんばやし」とは、薄く切られた三角形の白こんにゃくを竹串に刺して熱湯で茹で、その上から味噌だれをかけたもの。その温かく素朴な味わい、生姜の効いた甘い味噌だれの美味しさに、人を病みつきにさせる魅力があります。こんにゃくは、低カロリーで食物繊維を豊富に含む食品。本数をあまり気にせず食べられるのも嬉しいところですね。

縁日でお馴染みの味。

 「あんばやし」は、家庭料理ではなく、富山市の縁日の味として浸透している食べ物です。毎年5月31日~6月2日には、富山市民に「山王(さんのう)さん」との愛称で親しまれている「日枝神社大祭(山王まつり)」が行われ、数百件もの露店が軒を連ねます。それらの露店の中に「あんばやし」の露店もあり、注文後にルーレットをまわすと、出た数字の本数だけ食べられるというユニークなシステムになっています。このゲーム感覚の面白さも、多くの人たちを惹きつける魅力といえるでしょう。

縁日でお馴染みの味。

子供の好物は、富山弁。

 親に連れて行ってもらった祭りで初めて知った「あんばやし」。その食べ物は、富山市の人たちにとって、子供の頃の楽しい思い出とともに記憶に刻まれた懐かしい味でもあります。現在は、学校のバザーや納涼大会など、子供たちを交えたイベントでも見られるそうです。今も昔も子供たちに好まれる「あんばやし」という言葉は、なんと富山の方言。その語源には「串に刺したこんにゃくの姿を林に見立てた」「案配よし、から転じた」など色々な説があるといわれています。

子供の好物は、富山弁。

「とやまのおいしい朝ごはん」の定義

※都合により一部、ご当地ならではの飲み物をご提供する場合もございます。

提供宿泊施設

  • 氷見温泉郷エリア
  • 高岡・射水エリア
  • 庄川温泉郷エリア
  • となみ野・五箇山エリア
  • 富山市エリア
  • 宇奈月温泉エリア
  • 新川エリア