庄川温泉郷エリア   夏野菜の昆布〆

旬のとなみ野野菜が彩る、富山の郷土食の新しいおいしさ

旬のとなみ野野菜が彩る、富山の郷土食の新しいおいしさ

お料理のご紹介

 昆布〆は、富山では日常的に食されている郷土料理。昆布の間に新鮮な魚介類や山菜を挟んで〆たものが一般的ですが、庄川温泉郷で味わえるのがサラダ感覚で楽しめる夏野菜の昆布〆です。絶妙な締め具合と塩加減が醸し出す滋味はプロの技。となみ野で収穫された旬の野菜には、ズッキーニやコリンキーなどの西洋野菜が彩りを添えています。郷土の伝統料理と地元の素材、料理人のアイディアから生まれた昆布〆が、富山の食文化の新しい一面を味あわせてくれます。

消費量は全国トップクラス、古くから伝わる富山の昆布文化

 時代に北前船の寄港地だった富山は、北海道から大量の昆布が運ばれ、昆布の消費量は全国でもトップクラスを誇ります。保存手段がなかった昔は、素材の劣化を防ぐために利用されてきた昆布〆。しかし、昆布がなじむことで一段と味に深みが出ることから、次第に新鮮な魚介や山菜をよりおいしく味わうための料理法として定着しました。先人の知恵が富山の食生活として根づき、今では県を代表する郷土料理として全国にも知られています。

消費量は全国トップクラス、古くから伝わる富山の昆布文化

和洋色彩豊かに育つ、となみ野産のフレッシュな野菜たち

 昆布〆に使用されるのは、となみ野産を中心に県内で収穫された夏野菜。富山県の西部にあり、庄川屋敷林に囲まれた農家が点在するとなみ野には、大自然の恵みをたっぷり受けた野菜が数多く育てられています。最近では、生のままでも食べられるカボチャの新品種コリンキーをはじめ、ズッキーニやパプリカなど色彩鮮やかな西洋野菜も所々で栽培されるようになりました。新鮮な地元の素材を活用し、となみ野ならではの新しい郷土料理が生まれています。

和洋色彩豊かに育つ、となみ野産のフレッシュな野菜たち

「とやまのおいしい朝ごはん」の定義

※都合により一部、ご当地ならではの飲み物をご提供する場合もございます。

提供宿泊施設

  • 氷見温泉郷エリア
  • 高岡・射水エリア
  • 庄川温泉郷エリア
  • となみ野・五箇山エリア
  • 富山市エリア
  • 宇奈月温泉エリア
  • 新川エリア