庄川温泉郷エリア   おすわい

五箇山豆腐と柚子、庄川ならではの酢の物。

五箇山豆腐と柚子、庄川ならではの酢の物。

お料理のご紹介

 「おすわい」とは、油揚げ、人参、大根、ひじきを、酢・塩・砂糖・醤油で和えた酢の物のこと。今回の朝ごはんは、通常の油揚げではなく、五箇山豆腐の油揚げを使い、香り付けに旬の柚子を使用していることが大きな特徴です。色々な味と食感、さっぱりとした後口を楽しめる逸品です。酸味も強くないので食べやすく、誰からも好まれる味わいと言えるでしょう。

日常からお祝いまで、幅広く彩る。

 庄川エリアのお正月やお祭りなどのお祝いの膳に、酢の物は欠かせません。その代表格が「おすわい」です。現在はお正月やお祭りだけでなく、日常的に食べられるものとして、一般家庭でも手軽に作られています。庄川エリアにしっかり根付いている「おすわい」は戦前からあるといわれており、かつては一般家庭で自家栽培した大根や人参などを使って作られていたのではと考えられています。また、食卓には欠かせない漬け物の代用品としても食されていました。

日常からお祝いまで、幅広く彩る。

なますじゃないよ、おすわいは。

 「おすわい」。この上品な響きの料理名は、「お酢和え」から「お酢合い」、そして「おすわい」と、少しずつなまることで今の名前になりました。地域によっては「なます」とも呼ばれていますが、庄川エリアのように油揚げの入ったものは珍しいとされています。また、庄川エリアでいう「なます」は、サバやイワシなどの魚も他の食材と一緒に和えた酢の物のことを指します。

なますじゃないよ、おすわいは。

「とやまのおいしい朝ごはん」の定義

※都合により一部、ご当地ならではの飲み物をご提供する場合もございます。

提供宿泊施設

  • 氷見温泉郷エリア
  • 高岡・射水エリア
  • 庄川温泉郷エリア
  • となみ野・五箇山エリア
  • 富山市エリア
  • 宇奈月温泉エリア
  • 新川エリア